仏教では実存の一切が苦であるとしています。
この苦からの解脱こそが仏道の主眼であり、「苦もまた空なり」と真実の智慧により覚醒するとき、一切の苦は除かれます。

真実にして間違いがありません。