無明というのは悩みの根本です。
仏教では無明が無くならなければ悟りはありえないと考えられていたため、この「迷い」をいかに解かが課題でした。

迷いの根本である無明や煩悩は、本来存在せずなくなることもないのです。
しかし、煩悩があるからこそ悟りへの修行を積むことができるのです。